忍者ブログ
追憶の向こう側 スタッフブログ
[1] [2] [3] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

I say again !
「これはギャルゲーではありません」

というわけで、みなさんこんにちは。
まだ一部のキャラしか情報が出ていないので、「どんな作品なの?」と思っている方も多いのではないでしょうか。

今の時点で一つだけ言えることは、
「この作品は、いわゆる『美少女ゲーム』ではない」ということです。
だから「主人公が美少女にモテモテでラッキー♪」というものを期待していた人はごめんなさい。そもそも、選択肢さえ無いので、ゲーム要素と言えるものはありません。純然たる読み物であります。

(でも、水月とーこさんデザインのキャラクタ達は、魅力的なキャラクタ揃いですよね!)

私個人の想いとして、
「もっと普遍的な、より多くの人が共感できる、学園ドラマ」
を作ってみたい! というものが強くありました。
しかしそれは、時代を全速力で逆行するということでもあります。なかなか共感、協力してもらえるスタッフが見つからず、涙をのんだことは一度や二度ではありません。

そして、表現もデフォルメをなるべく抑えて(コミック的な表現くらいまで)、ナチュラルに。
声優さんの演技も、ナチュラル気味に。
若手や新人さんが多く起用されているのは、キャラクタと役者さんの年齢が近いことによる、フレッシュな良さ。
そこを強調したかったのです!

さて、我々スタッフのその狙いは、成功しているでしょうか?
それは来年完成する、本編を皆さんに見ていただいて、判断してもらうことになるでしょう!
PR
ひよこ?こ、この謎の物体は!?

もしかして、どこかで見たこともある人もいるかもしれませんね。

出演してくれた役者さんが作ってくれた、おしぼりの「ひよこ」でした!

なかなか、カワイイですよね!

収録が終わった後、役者のみなさんと作品に対していろいろお話しする機会があったのですが、皆様本当に役に入り込んで、演じてくださいました。

ままだ完成は先にもかかわらず、「エンディングの後の、あの子とこの子のその後が見たいよね」なんてお話で、盛り上がっていました!
我々スタッフとしては、そういう感想をいただけて、感動しましたよ!

その感動をうまく皆様にお伝えできるよう、今日も制作に励んでいます!
「追憶の向こう側」製作リーダーのまるくんです。
これからこのブログで、製作日記などを通じて、作品のことをお知らせしていきますので、今後ともチェックよろしくお願いします。
もちろん、公式ページのほうも、我々スタッフも驚くようなコンテンツを予定していますので、お楽しみに!

さて、この作品、「ボイスノベル」と呼ばれていますが、いったいどういうものなの?
と思う方も、いるかもしれませんね。

パソコンを使って物語を読んでいくもので、「ノベルゲーム」というものがありますよね。
途中で選択肢があって、物語が枝分かれしていくような……。

「追憶」は、選択肢はなく、一本道の物語です。
が、すべてのセリフが、声優さんによるフルボイスになっています。しかも掛け合い収録です!
普通のゲームの収録は、声優さんが一人づつ、自分の台詞だけを収録していくそうです。
ところがこの作品は、ドラマCDのように、掛け合いでの収録をしていただきました!

パソコンで物語を読みつつ、ビジュアルを楽しみつつ、ドラマCDのような「演技のノリ」を楽しめる。
それが「ボイスノベル」です!

冬コミでの公開はデモムービーになる予定です。
本編完成までは、まだ先になってしまうと思いますが、今もスタッフ一同一所懸命に制作しておりますので、応援よろしくお願いします!
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
HN:
CyberFan
性別:
非公開
自己紹介:
同人サークル「CyberFan」です。
オリジナル同人ソフト作品製作活動をしています。
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]