忍者ブログ
追憶の向こう側 スタッフブログ
[41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

去る3月22日、和美役の知桐さんが出演なさるということで。

劇団BQMAPの講演「出雲贋桜伝」(いずもがんおうでん)を見てきました。

主演はNARUTOのナルト役、プリキュア5のりんちゃん、マイメロのクロミさまなど、各種でおなじみの「竹内順子」さんでした。

いつもは、凛々しい男の子役が多いですが、今回は可憐な女性役でした。

演劇の題材としては、出雲とつくように、日本神話を下敷きにしたものでした。
実は、祖父祖母が神道なので、祝詞としてのものは知っていますが、詳しくは全く知りません。
もちろん、そういう部分に目を向けるのもとても大切で、あたりまえなのですが、今回は役者というものについて、考えさせられました。

詳しい劇の内容をお話しても、ただの感想になるので、少し穿った見方をしてみようかと。

まず、わりと僕的には以前から「声優」としての演技を知っている方がいました。

んが、それとは思えないほどにかっこいい。
男も女もなく、みんなかっこいいのです。

スサノオ役だった「前田剛」さんは、ギャグマンガ日和の太子や、カブトボーグのロイドさんの印象が強すぎて、あからさまにへたれなイメージしかなかった。
けど、姿を現したその姿は、しびれるほどに、荒々しく、かっこいい。

お世話になった知桐さんもそれはしかり。
おどけて見せて、笑いを誘う一面から、一番に涙を誘うように、引き込んでいく力。
ある意味で、天真爛漫であり、一番「生きている」ということを表した役柄だったと思います。
遠い世界。神話よりもは近く、自分の岩戸にしまった忘れかけた「心」を取り戻せたように思えました。



そして
役者さんたちは、舞台のうえでは、とても、ただひたすらに

「おおきい」

所狭しと、走り回り、泣き笑い。
あの場所で「生きている」
そんな力がみなぎっていて、一瞬一瞬、すべてにおいて輝いていたと思う。

そして、舞台を終え、通路でお会いした知桐さんの姿。

「あれ? こんなに小さかったのか、この人は……」

それは普通と同じか、言ってしまえばか弱いくらいの存在。

ああ、舞台にいるときの、この人はあんなにも大きくなれるのか。

それは、竹内さんも同じだった。本当に小さく、舞台の上よりも可憐だった。

それが、演技をすれば、大きく美しく。
それは、声優としても同じで、ナルトのように、やんちゃでありながら、猛々しい姿へと変わる。
知桐さんだって、演じれば大きく美しく変わる。


ああ、本当の意味での役者さんって、こんなにすげぇんだ。

それはとうに自覚していたものだったはずだけど、こうして改めて知ると、目から鱗がとれる。



これは、また行かなければ……そうすれば、それだけ何かの「プラス」が自分に加わっていく。

そうおもえるほど、いい経験だった。


というわけで、その片鱗も追憶で体験して頂けるかなとおも思います。
また、今回気になった方は、ぜひ演劇にも足を運んで頂ければと、深く思います!!



見て、感じて、その人生に損なし!!!!!





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
CyberFan
性別:
非公開
自己紹介:
同人サークル「CyberFan」です。
オリジナル同人ソフト作品製作活動をしています。
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]